痩身エステのクーリングオフ制度

痩身エステのクーリングオフ制度

■痩身エステのクーリングオフ制度

 

エステサロンとの契約には、さまざまな問題がある場合があります。
強引な勧誘により多額な料金の請求をされたり、契約内容が説明と違っていたり、契約時に説明されていた効果が実際にはなかったといったトラブルをご存じのかたも多いと思います。
こういったトラブルから消費者を守るために、クーリングオフ制度があります。
これは特定商取引法やその他の法律に定められた特別な制度で、消費者が不意打ち的な取引などで契約した場合、一定期間であれば無条件で契約を一方的に解除できます。
この制度のおかげで強引な勧誘などが減り、施術や接客で勝負するという本来の姿に戻りつつあります。
あれこれ強引な勧誘をして契約させたとしても、この制度により多くの場合は時間の無駄となる可能性が大となったわけです。
しかし完全に無くなったわけではないので、しっかりこの制度を把握し少しでもトラブルを回避しましょう。

 

クーリングオフ制度は次の2つの条件をみたしていれば適用されます。

 

・契約金額が5万円を超え、かつ契約期間が一ヶ月をこえるもの
・法廷の契約書面が交付されてから8日以内のもの

 

クーリングオフが成立した場合、契約はなかったことになります。
契約無効となるので、次のようなことがおこります。

 

・既に支払ってしまった代金は全額返金されます。
・すでに受け取ってしまった商品(化粧品や健康食品など)は、送料などは相手側の負担で商品を引き取ってもらえます。
 ただし、ご自分の意思で商品の開封や使用してしまったものは、原則不可となります。・クーリングオフによる違約金や損害賠償を支払う必要はありません。

 

エステサロンの場合はクーリングオフとは別に中途解約が可能です。
クーリングオフ制度が有効な8日間を仮に過ぎてしまっていたりしても可能なのですが、その場合は解約料がかかったりする可能性があります。
契約後、気に入らないと思ったら早めに行動を起こし、できるだけクーリングオフ制度を利用したほうが良いと思います。

 

ほうれい線、リフトアップは有効な対策

◯ほうれい線、リフトアップは有効な対策

 

顔にできるほうれい線をはじめ、肌トラブルの主な原因は肌のたるみと考えられています。が、年齢を重ねるにつれて皮膚のたるみはある程度進みますし、日ごろのちょっとした差に気づける人は極わずかなため、ケアの必要性に気づくのは遅れがちになることもよくあります。

 

そのため、肌の問題を事前に把握するためには、数年前のご自身の顔と現在の状態とを比較しておくと、その違いを把握しておくと良いでしょう。

 

過去と現在の自分の顔を比較して、現在の顔が老けて見えるのでしたら、肌のしわ、たるみが出来ているのが原因かもしれません。

 

その対策として、リフトアップをするのがオススメ。高額なエステを利用したり、若く見せるための美容整形クリニックでの手術を行うことなく、ご自身のマッサージでアンチエイジング対策を行えるのが大きなメリットといえます。

 

でも、手を使ってのマッサージは疲れそうなイメージがあります。そういった場合はコロコロと肌の上を転がすローラーを使用してみると良いでしょう。ローラータイプの美顔器ではたるみを解消するための適度な刺激を肌に与えられるため、手元に置いておくと便利です。

 

ほうれい線を防ぐ意味でも、実年齢よりも若々しくいるためにも、効果的なリフトアップを目指していくことは大きな意味があります。

 

ヒアルロン酸注射のように即座に効果が現れるケアではないのですが、習慣化させることで結果がきちんと出てきます。

 

肌トラブルが心配な方は、リフトアップを実践してみてはいかがでしょう?
こちらもどうぞ⇒ほうれい線 薄く

 


ホーム RSS購読 サイトマップ